【準備リスト】入院時に準備した方がいいものをご紹介!

【   】

急な出来事で入院した時に、何を準備したらいいのか分かりませんか?

はじめての入院であれば、どうすればいいか分からない。
戸惑って心配になる方もいるでしょう。

【この記事を書いた人】

笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。

今回は、入院時に準備した方がいいものや手続きを、『準備リスト』として作成しました。

この記事を読んでいただければ、何が必要なのか分かっていただけます。
『準備リスト』をぜひご活用ください。

注意点
  • ぶ~りんは、精神科の閉鎖病棟での入院経験があります
  • 実際に持参したものだけでなく、あれば良かったものを合わせてご紹介します
  • 記載してあるものが、病院によって許可されないケースもあります。その際は、病院にご相談ください
目次

絶対に必要な『準備リスト』

リスト

ここからは、入院時の必要な持ち物について解説します。

入院前から入院中まで、期間や用途に分けて作成しております。

1:入院前手続きに必要なもの

チェックリスト

① 印鑑

入院手続きをするための書類(同意書、誓約書など)に捺印します。
その時に印鑑が必要です。

② 健康保険証

医療機関で使う時は必須です。
入院する際の本人確認にも使われます。
持っていないと、高額になりますので必ず持参しましょう。

③ 診察券

入院及び診察を行うために必須です。

④ 現金

病院内の売店や、プリぺードカードを購入する時に使います。

ただ、病院は不特定多数の人が出入りします。
盗難の恐れがあります。
最低限、小銭や千円札を準備しておきましょう。

⑤ 限度額適用認定書

長期入院予定の際は、病院の窓口に提出しましょう。
ひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。

市町村の役場で簡単に手続きできます。

⑥ 筆記用具

入院中も、誓約書など書く作業が発生します。

2:体調に応じて必要なもの

チェックリスト2

① お薬、お薬手帳

処方されている薬と、履歴を知るためにお薬手帳は必須です。
正確な情報を、病院側に伝えることができます。

3:備品として必要なもの

入院する時に必要なものリストです。
長期入院になっても洗濯することを想定して、できるだけ最小限の数としています。

チェックリスト3
チェックリスト4

① 下着

シャツやパンツは、最低3枚持ってくといいでしょう。

② パジャマ

入院時は、寝てる時間が多いです。
楽なかっこうでいることをオススメします。
代用として、ジャージの上下セットでも大丈夫です。

※病院によっては、病衣を貸出してくれます。事前に確認しましょう。

③ 靴下

最低3足は持っておきましょう。

④ ティッシュ

病院の売店でも購入できますが、事前に準備しておくといいです。
ウェイトティッシュもあると便利です。

⑤ タオル

フェイスタオル、バスタオルなど3枚は持っておきましょう。
病院によっては、貸出してくれるところもあります。

⑥ 歯ブラシ、歯みがき粉

歯みがきするために、用意しておきましょう。

⑦ クロックス(スリッパ)

病院内では、土足可能か禁止なのか確認しましょう。
入院時は、体が思うように動かないこともあります。
できるだけ、楽に履けるものを選びましょう。

⑧ 洗面用具

髭剃りや洗顔料など、顔のお手入れに必要です。

⑨ 携帯電話、充電器

外部の人間と話す時に必要です。
暇つぶしにゲームやることもできます。

病院によっては、使用制限される場合があります。
事前に確認しておきましょう。

⑩ マスク

現代社会では、必須アイテムです。

⑪ お金

大金は持たない方がいいです。
テレビが有料の場合や、院内の売店で購入する際に必要です。

⑫ 飲料用カップ

ふた付きのカップ等を準備するといいです。
洗うのがめんどくさい場合は、使い捨てのコップでもOKです。

⑬ 箸、スプーン

病院によっては貸し出してくれます。
確認しておきましょう。

⑭ シャンプー類

シャンプー、リンス、ボディーソープなどを用意しましょう。
病院側が用意してくれる場合もあります。
事前に確認しましょう。

⑮ スキンケア用品

保湿液、乳液など用意しておきましょう。

4:あると便利なもの

入院生活において、あったらいいものをまとめました。

チェックリスト5
チェックリスト6

① 耳栓

まわりの音が気になる時に必要です。

② 洗濯ハンガー、S字フック

洗濯ものを干したり、かける時に必要です。
病院によっては禁止されてるところもあります。

③ 延長コード

病院では電源が離れていることもあります。
その時にあると便利です。
病院によっては、禁止されているところもあります。

④ 卓上カレンダー

長期入院される方は、持っておくと便利です。

⑤ クリアファイル

病院から受け取る書類を、ファイリングする時に便利です。

⑥ イヤホン

オーディオ機器や、テレビなどで使用してください。

⑦ 本

入院中は、時間を持て余すこともあります。
そういった時間に読書しましょう。

⑧ タブレット

病院によっては禁止されています。
事前に確認しておきましょう。

⑨ 爪切り、耳かき

病院で貸出してくれる場合もあります。
確認しておきましょう。

⑩ ビニール袋

ゴミを捨てる時に必要です。
レジ袋があると便利です。

⑪ ノート、メモ帳

記録する時に、あると便利です。

準備をしてから、入院生活を送りましょう

入院

入院生活は、不安や心配が多いです。
今回ご紹介したリストを活用すると、安心して入院生活を送れるでしょう。

病院から配布されるリストもありますが、必要最低限しか書かれていないことが多いです。

病院に確認しながら、事前準備しましょう。

今回の記事を読んでいただき、少しでも不安や心配がなくなることをお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる