【支える方向け】うつ病の私がまわりからしてほしい1つのこと

【   】

うつ病にかかると、どのように接していいのか分からない方もいると思います。

別記事にて、まわりからされて嬉しかったことを記事にしました。

参考にしていただけると幸いです。

こんな方に読んでいただきたい
  • うつ病の人間がまわりにいる
  • うつ病の人と、どのように接していいのか分からない
  • 何か助けになることをしたい

このような悩みをお持ちの方に、うつ病の私がまわりの人間にしてほしい1つのことをお伝えします。

こころん

えっ、まわりの人間からされて嬉しかったこととは違うの?

ぶ~りん

『してほしいこと』と、『されたこと』って違うんだよね。

先に結論から申し上げると、適度に放置してほしいです。

なぜ放置してほしいと考えるのか、うつ病当事者の立場から説明します。

【プロフィール】

笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。
ぶ~りん

それでは始めていきますね。

目次

『放置する』の意味

放置

最初にお断りしたいのが、うつ病の治療を放置するというわけではありません。

主治医の指示に従って、服薬や精神療法など行う必要があります。

今回の『放置する』は、適度に距離を取ってほしいとの思いがあります。

表現が難しいんですが、色々と口を挟まずに見守ってほしいです。

こころん

距離をおくと、心配でしょうがないよ。

ぶ~りん

急性期から回復期の頃は、色々な身体症状に悩まされます。
距離をおくと、寂しさや孤独感を感じます。
だからといって、口出しされるのもしんどいです。
状況をみながら、適度に放置してくれるのと助かります。

『気晴らしをする』ために誘うのは、相手の状態次第

気晴らし

「家にいるだけではストレスためるから、気晴らしにご飯誘ってみよう。」

そのように思う方もいるでしょう。

うつ病の人からすると、善意の押し売りになる可能性があります。

うつ病は、ただ落ち込むだけではありません。

人それぞれに身体症状を抱えているのです。

うつ病の人からすると、相手が心配してくれるからこその誘いだということは分かるので、断りにくくなります。

そんな状態では、気晴らしになるはずもなく、かえって症状を悪化させることもあります。

一緒に遊びに行こうという気持ちはすごくありがたいです。

無理に連れ出すことはせずに、相手の体調を優先してくれると幸いです。

まとめ:様子を見ながら適度に放置してほしい

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、うつ病の私がまわりの人間にしてほしい1つのことをお伝えしました。

まわりの人間にお伝えしたいのは、過干渉せず、無視もせず、適度な距離間で放置してほしいです。

もちろん症状や体調によって、個人差はあります。

非常に難しい扱いなのは分かります。

ただ、うつ病の症状が回復すれば、問題なくコミュニケーションも取れます。

それまでは、適度な距離間で接していただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる