閉鎖病棟から退院後もなかなか安定しません

【   】

どうもぶ~りんです。

今回は、日記風に書きます。

私は、2021年2月19日から2021年3月6日まで、精神科の閉鎖病棟に入院していました。

退院後は、自宅で療養しながらリハビリをしています。

退院後の主なリハビリ
  • 生活リズムを整える
  • 働くことを逆算して日中に活動する(ブログ、家事など)
  • 軽度の運動(散歩)

主に、上記のようなことをやっていました。

退院して1ヶ月以上たちますが、毎日できているかというと、正直できていないです。

日によっては、1日中部屋から出れないこともざらにあります。

そんな自分が情けなくて、自分を責めてしまうことも多々ありました。

みなさんの中には、退院すれば完治していると思う方もいるでしょう。

もちろん症状や家庭事情により、違いはあると思います。

現実話、メンタル疾患の退院は、寛解していないと思ってください。

なんとか生活ができるレベルです。

気分や体調の波もあり、日常生活に支障がでています。

目次

退院後にできることも増えている

できる

一方、安定しない中でもできることは増えました。

できるようになったこと
  • 家事全般
  • こども園への送迎
  • ブログ
  • 親と会えた
  • 一部の友人と会えた

「記載してあることなんて、誰にでもできる」と思われる方もいるでしょう。

入院前は、とにかく体が動かなかったです。

希死念慮が出たこともあります。

行動するような意欲も、日によっては出てこなかったです。

親や友人とも1年以上は避けていました。

今のご時世の影響はありましたが、対人は避けていました。

小さなことでもできるようになったのは、個人的には大きな1歩でした。

病気なんかに負けたくない

勝つ

うつ病は、名前の通り『病気』です。

体調の波は日々起こるし、心が折れそうなことは何度もありました。

でも、負けたくないんですよね。

負けたら、家族や友人に会えなくなる。

負けたら、ブログ書くこともできなくなる。

子供の成長も見たいし、見届ける義務が親にはあります。

だから、うつ病なんかに負けたくないんですよ。

自分自身の弱い部分を、今回吐き出しました。

気分悪いと思われた方は、申し訳ございません。

今の率直な心情や状況をお伝えしました。

今後とも、ぶ~りんブログをよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる