仕事行きたくない!朝の憂うつ感を乗り切る5つの対処法

【   】

「仕事に行きたくない」

「もう少し寝たい」

そのように感じたことありませんか?

こんな方に読んでいただきた
  • 仕事に行くのが苦痛
  • 憂うつな気持ちが少しでも楽になりたい

上記のような悩みを持つ方に向けて、憂うつ感を乗り切る5つの対処法をご紹介します。

【この記事を書いた人】

笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。

読んでいただくことで、朝の憂うつ感が少しでも落ち着くためのヒントをご理解いただけます。

ぶ~りん

それでは早速はじめてみましょう。

目次

朝の憂うつ感の原因

憂うつ

ここからは、朝の憂うつ感の原因について考えていきます。

休み明けで気分が乗らない

多くの人が経験したことではないでしょうか。

楽しい休日は、あっという間に過ぎてしまいます。

休みの中の解放感から、一気に現実を見ることで、憂うつになってしまう方も多いでしょう。

疲れが取れない

毎日が残業の嵐で、帰宅時間が遅くなる。

自宅にはシャワーを浴びて、睡眠をとりに帰るだけ。

そんな方もいますよね。

仕事が好きでやりがいをもって働いている場合も、体に疲れや蓄積されるとパフォーマンスが低下します。

「仕事に行きたい」気持ちとは裏腹に、体からのSOSがぶつかりあい、朝の憂うつ感につながるのです。

ミスをひきずってしまう

仕事だけでなく、学生生活においても、ミスが連発すると落ち込みますよね。

ミスが原因で、他人に迷惑かけてしまうと、自信を失ってしまいます。

積み重なることで、朝の憂うつ感につながってしまいます。

人間関係で悩んでいる

社会人だけではありません。

どこにでも苦手な人は存在します。

「また会わないといけない」

「今日は何を言われるんだろう」

と考え、憂うつになってしまいます。

仕事があわない

今の仕事にやりがいがもてない、合わない場合も、仕事に行きたくないと思う原因を作り出します。

楽しさや面白さを感じないと、モチベーションを維持することが難しいです。

それが、朝の憂うつ感につながるのです。

憂うつ感を乗り切る5つの対処法

憂うつ2

朝の憂うつ感は、人それぞれ理由があります。

次に、憂うつ感を乗り切るために「どうすればいいのか」を考えていきましょう。

いつまでも、嫌な気持ちを持つのは避けたいところです。

ここでは、朝の憂うつ感を乗り切る5つの対処法をご紹介します。

悩みを相談する

1人で考え込むよりも、同僚や友人に相談するのも良いでしょう。

自分では考えつかなかったアドバイスが、問題の解決に導くかもしれません。

言葉に話すことでストレス発散できるかもしれません。

解決策が複数あることで、問題が解決することが期待されます。

紙に不安を書き出す

憂うつな時は、頭の中で整理できていないことが多いです。

そんな時は、ノートなどに書き出してみましょう。

自分の不安な気持ちを書き出すことが、頭の中をスッキリさせ、集中力を高める働きがあるのです。

心配事を外に吐き出すために、手を動かして、紙に不安をすべて書き出してみましょう。

深呼吸する

深呼吸は、気持ちをリラックスさせて集中力を高める効果があると言われています。

深呼吸の方法
  1. 背筋を伸ばした状態で、イスや床に座ります
  2. 静かに目を閉じ、両手は膝の上にのせます
  3. 鼻からゆっくりと息を吸い、口からゆっくり吐き出します。

(5秒かけて吸い、5秒かけて吐くというペース)

まずは、無理のない範囲で続けてみましょう。

ハーブティーを飲む

忙しさに追われると、心や体の焦点があわずに1日がスタートしてしまいます。

そんな時におすすめなのが、ハーブティーです。

味だけでなく、香りを楽しむことでリラックスすることができます。

おすすめとしては、リラックス系のオレンジビールやカモマイルなどのブレンドが合います。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

仕事や学校終わりの楽しみを考える

仕事や学校が終わった後、自分へのご褒美を用意しておくことも効果的です。

事前に楽しみを考えておくと、いつもよりモチベーションが上がるかもしれません。

ぶ~りん

仕事後に映画を見に行くなど、小さな楽しみを1つでも持っておくといいでしょう。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、朝の憂うつ感の原因と、乗り切るための対処法を5つご紹介しました。

毎日のように続いてしまうと、ストレスの原因となります。

今回の記事を読んでいただき、あなたにとって辛い時間から少しでも解放されることを願います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる