【退職から転職】転職活動ではうつ病を隠すべき?悩む人へ伝えたいこと

【   】

こんな方に読んでいただきたい

こんな方に読んでいただきたい
  • 休職していて、復職か転職かで迷っている
  • うつ病で休職したが、転職先には病気を公表した方がいいのか?
  • 一般枠か障害者枠での就職にするか迷っている

うつ病を理由に、やむを得ず退職される方は、精神的にもかなりきついです。

気持ちは分かります。

  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します
  • 2015年にうつ病と診断された人間です
  • 病気を発症後、休職から復職、転職まで3社経験
ぶ~りん

転職先で再発しましたが、書類選考や面接で『うつ病』をかかえていることを正直に伝えたうえで、内定いただけた会社もあります。
そのため、復職や転職のメリットとデメリットを把握してます。

復職を考えている方は、下記の記事を参考にしてみてください。

今回は、転職することのメリットとデメリットをまとめました。

記事を読んでいただくにあたり、注意点がございます。

うつ病経験者視点から感じたことを書きます。経験談をもとにメリットとデメリットをまとめました。

人それぞれ考え方が違います。参考程度にみていただけると幸いです。

目次

転職活動を始める前にまずは休んでください

休む時間

大前提として、転職活動を始める前に「療養する」ことが大切です。
まずは、あなたの心と身体を少しでも回復させることに集中しましょう。

悩む男性

経済的に働かないと苦しいです。

ぶ~りん

その気持ち、痛いほど分かります。

うつ状態が強いと、判断力や思考力が低下します。
加えて、転職活動は精神的にも肉体的にもゴリゴリにやられます。

一番怖いのは、余計に悪化することです。

支援施設や公的な制度もあります。
療養中は活用していきましょう。

精神科デイケアと若者サポートステーション、リワークについては、別記事にてご紹介しております。

体調がしっかり回復してから転職活動を始めるのがベストです

主治医とも相談しましょう

通院されている方は、主治医やカウンセラーともよく相談しましょう。
その際に注意点が1つあります。

それは、主治医の質問に嘘をつかないことです。

本当は、体調が悪いのに「問題ない」と答えてしまうことです。

焦る気持ちは分かります。

ただ、何度も言いますが、再発のリスクが高まります。

自分の体調を理解した上で、症状が安定した段階で主治医やカウンセラーと相談しましょう。

転職活動ではうつ病をオープンにする必要があるか?

面接

うつをオープンにして転職活動・就労を行う『オープン就労』の場合は、障害者枠へのエントリーが可能になります。

一方、病気を非開示にして働きたい方は、一般枠(クローズ就労)で応募できます。

病気をオープンにして、一般枠への応募も可能です。

ぶ~りん

結論から言うと、あなたが何を優先するかによって変わります。

求人数や給与水準を優先するのか、障害への配慮を考慮するのかをじっくり考えましょう。

天秤にかけたうえで、どのような働き方をするのか考えていきましょう。

一般枠(クローズ就労)のメリットとデメリット

メリット
デメリット

一般枠での就労でメリットとしてあげられるのは以下の通りです。

一般枠就労のメリット
  1. 障害枠と比較して給料が比較的高い
  2. 求人数が多い
  3. 業種や職種の選択枠が広がる
ぶ~りん

ここからは私がリワーク施設に通った時の体験をもとにお伝えします。

給与面は、障害者枠と比べると若干高めです。
求人数に関しても、障害者枠と比べると圧倒的に多いです。

業種や職種の選択肢が広がります。ただ、キャリアや年齢によって選考も変わってきます。

一方、デメリットとしてあげられるのは以下の通りです。

一般枠就労のデメリット
  1. 業務内容や勤務形態の配慮が受けづらい
  2. 即戦力として期待される
  3. 辛くても、自己処理しないといけない

入社すれば即戦力として期待されます。

健常者とやることは同じです。

業務内容や勤務形態も、配慮されるのが難しいです。

ぶ~りん

障害を隠さなければいけないという精神不安があります。
ストレスをためると、再発のリスクが高まります。
相談できる相手を探しておきましょう。

以上のことができれば、うつ病をオープンにして一般枠への就労も不可能ではないです。

面接では診断書も準備しておくといいでしょう

少しだけ、私の転職経験談をお伝えします。

転職活動において、うつ病のことを正直に伝えました。

履歴書や職務経歴書とあわせて、医師からの診断も提出しました。

オープン就労する場合は、以下の書類を準備しましょう。

『就業に問題なし』と記載された診断書

ぶ~りん

入社理由など誠意をもって面接官に伝え、一般枠の正社員雇用で内定をいただくことができました。

診断書をもらうとお金がかかります。

「お金払ってまでやることなのか?」と思うかもしれません。

面接を受けられることが、企業があなたに興味を持っているからです。

入社意欲を伝えるうえで、診断書を提出することは決して損ではありません。

障害者枠(オープン就労)のメリットとデメリット

メリット
デメリット

障害者枠のメリットとしてあげられるのは、以下の通りです。

障害者枠のメリット
  1. 勤務形態や業務内容への配慮を受けられる
  2. 通院を優先できる
  3. リワークなどの支援機関・勤務先・本人との3者で働き方についてすり合わせできる

うつ病にかかると、日によって体調の波があります。

企業は疾患があることを分かったうえで、採用している点がクローズ就労との違いです。

その点を理解して柔軟に対応できる就職先でしたら、長期間働くことが可能であると考えられます。

またリワークなど支援機関があいだに入って、すり合わせできる点も大きなメリットです。

一方、デメリットとしてあげられるのが以下の通りです。

障害者枠のデメリット
  1. 給与水準が低い
  2. 就職先の選択肢が大幅に少ない

一般枠とは逆になります。

特に、就職先に関しては大幅に少ないのが現状です。

ぶ~りん

障害者枠に関しては、もっと企業に浸透してほしい。

一部の大企業では、給与や福利厚生について、一般枠と同等の扱いを受けることもできるようです。

ただ、どうしても給与面は低くなります。

働き方を見直すチャンス

見直す

病気にかかり、休職して退職することは、キャリアに傷がつくことになります。

しかし、うつ病を経験したからこそ、気づいた点もあるかと思います。

気づきの一例
  • この仕事は向いていないことが分かった
  • 必要な環境を理解することができた
  • このような働き方では再発する

あなたが気づいたことを無視すると、また同じことを繰り返すかもしれません。

アルバイトから段階を踏んで正社員を目指すことも可能です。

ハローワークや転職エージェントを活用して、転職活動もできます。

就労移行支援事業所を利用することもできます。

働き方を選ぶこともできます。

働きからの一例
  • サラリーマン
  • 経営者
  • フリーランス
  • 個人事業主

自分に適した働き方、環境を見つけるための活動をしてみてください。

うつ病という経験が、長期的に見ればプラスであったと感じられる日が来ることを信じてほしいのです。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、転職活動をする前の活動事項から、転職方法のメリットとデメリットについてお伝えしました。

自分自身を見つめなおし、自分にとって何が最適なのかじっくり考えてみましょう。

この記事を読んでいただき、少しでもお役にたてると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる