HSPの人は現代社会において”必要不可欠”な5つの強みを解説

【   】

近年では、HSPについて取り上げられることが多くなりました。
繊細であるがゆえに、ネガティブな側面が注目されます。

しかし、HSPについて調べると自分の中である考えが浮かびました。

ぶ~りん
ぶ~りん

HSPの人こそ、現代社会に必要じゃね?

・HSP気質によって生きづらく感じる
・HSPの強みを知りたい
・HSPは欠点だけではないことを知りたい

今回の記事では、HSPの人は現代社会で”必要不可欠”な存在である5つの強みを解説します。

前提として、HSPは病気ではなく気質です。
HSPとは、人よりも敏感な気質を持った人のことです。

タイトルを見て「HSPではないので、現代社会に必要ではないのか?」という捉え方をされる人もいるかもしれません。

結論から申し上げますと、HSPでない人もHSPの人も必要不可欠です。
HSP関係なく、個々に活かせることが必ずあるからです。

今回HSPについて取り上げた理由が、HSPと共にうまく生きる方法を模索してほしいからです。
なぜ、HSPの人は現代社会で”必要不可欠”なのかを、私の経験談をまじえてお伝えします。

目次

HSPとは?

先ほども記述した通り、HSPとは『人よりも神経質な気質を持った人』のことです。
アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が提唱したHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略称です。

有名人の告白や関連本など認知度が高まり、『敏感すぎる人』などと訳されています。

私はうつ病にかかってから、HSPという言葉を知りました。
【HSP 診断テスト】と検索して、HSP自己テストをやったことがあります。

ぶ~りん
ぶ~りん

結果は、HSPの複数項目に該当していました。

重要なのはHSPは病気ではなく、気質であることです。
少しだけ傷つきやすく、物事を深く考えこむことが強いだけです。

HSPの人は現代社会において”必要不可欠”な5つの強み

ネガティブな側面があるだけでなく、HSPだからこその強みがあります。
もちろん個人差はあると思います。

HSPの人が現代社会において”必要不可欠”な5つの強みをお伝えします。

リスクを察知する

『理由は分からないけど、そんな気がする』
『見た瞬間におかしいと感じる』

なぜか分かりませんが、HSPの人は直感が当たりませんか?

私が仕事で部下を抱えていた時の話になります。
朝礼時に部下の顔をみると、調子や機嫌がなんとなく分かるんです。

調子が悪いとミスが起こるリスクが高まります。
声かけを増やすなど、事前に対策をたてるようにしていました。

感じる力は、ミスを防止するだけでなくスムーズに仕事することにも役立つようです。

 Win-Winになることを考え続ける

HSPの人は人間関係のみならず、仕事でも誠実な人だと思われます。
人の気持ちに気づきやすく、共感力が高いので、相手に嘘をつきたくないんです。

自分が納得できるように、相手の要望に誠実に対応すること。
自分と相手の双方にとってwin-winになることを考えています。

世のため、人の役に立ちたい気持ちが強いがゆえに誠実に仕事しようとします。

私は営業の経験があります。
ただ商品を売りつけるだけでなく常に連絡をいれるなどアフターフォローを大切にしました。

上司
上司

そこまでやらなくていいよ。

ぶ~りん
ぶ~りん

連絡をいれたことで、別の案件をいただきました。

アフターフォローに時間を使わせてください。

Win-Winになることは、自分にとっても相手にとっても大切なことです。

丁寧な仕事ができる

先ほどの話につながります。

HSPの人は繊細に反応する分、細かいところに気がつきます。

もっとよくなるように改善点を見つけます。
そのため、細かく丁寧な仕事をすることを心がけます。

上司
上司

そんなこと気にしなくていいよ。

HSPの人がよく言われることかもしれません。

ぶ~りん
ぶ~りん

スピードを優先する業務もあります。

優先順位やバランスを考えるのが難しいのはHSPの欠点だと思います。

ただ丁寧な仕事ぶりは、社内だけでなくお取引様との信頼関係構築にもつながります

動物になつかれる

動物

「HSPとは関係でしょ?」とつっこまれるかもしれません(笑)

HSPの人は相手の気持ちを感じやすいと言われています。
関係あるのか不明ですが、動物に好かれる人が多いようです。

動物も、相手の雰囲気を察しているのかもしれません。

ぶ~りん
ぶ~りん

小学校の時、近所の家で飼っていたインコが逃げてしまいました。

近所の雑木林にいるのを見つけ、インコに呼びかけたらこちらに飛んできて肩の上に止まりました。

たまたまだとは思いますが、何かを感じたかもしれません(笑)

現代社会では癒しを求めている方も多いでしょう。

人間だけでなく、動物になつかれることは大きな強みになります。

聞き上手であり気配り上手

人間同士、価値観は人それぞれ異なります。
HSPの人は感情移入しがちですが、それだけ相手の気持ちを汲み取ることができます。

無理に自分の考えを押し付けることはなく、「そういう考え方もあるんだ」と話を聞いた上で相手をリスペクトする

相手の苦しみを考えると、自分自身も辛くなります。
しかし、相手にとっては共感してくれたことが嬉しく好意を抱きます。

仕事だけでなくプライベートでも人間関係は存在します。
聞き上手であり気配り上手な人は、人間関係を構築する上で大きな武器になるでしょう。

最後に伝えたいこと

最後に伝える

いかがだったでしょうか。
HSPの強みを色々な角度から5つご紹介しました。

もちろん個人差はあると思います。

今回の記事で1番伝えたかったことは、繊細なことは欠点だけではないということです。

敏感であることは気質ですので、変えることはできません。
しかし、『客観的』に見ることでHSPを強みに変えることは不可能ではありません。

私がブログを書いているのは、経験談を通して1人でも多くの人の役に立ちたいからです。
その気持ちがなければ、ブログでマイナス部分をさらけ出す必要はないですよね(笑)

ぶ~りん
ぶ~りん

少しずつですが、HSPを強みとして考えられるようになりました。

今回の記事が、HSPの人にとって少しでも参考になると嬉しいです。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる