【男視点】八方美人な男性の特徴と悩みについて徹底検証

【   】

突然ですが、あなたは八方美人に対してどのようなイメージをお持ちですか?
あちこちに笑顔を振りまいている女性の姿を思い浮かべませんか?

実は、八方美人は“女性”だけではありません。
『八方美人な男性』も世の中にはたくさんいます。

今回は、八方美人な男性の特徴と悩みについて検証します。

ぶ~りん
ぶ~りん

私自身、知らず知らずのうちに八方美人になったと自覚しています。
八方美人でいることで多くの悩みもありました。

八方美人な男性の特徴を考察しながら、八方美人の悩みと、やめたことで気づいた変化についてもお伝えします。

目次

『優しい男性』と『八方美人』は違う

女性が男性に求める条件として、『優しい人』という言葉がでてきます。
誰に対しても優しくできるのは素敵なことです。

八方美人とは、誰からも良く思われるように、要領よく人とつきあっていく人という意味があります。

嫌われたくないので、誰にでも優しく・愛想よくつき合っていく点は共通しています。
しかし、“八方美人の優しさ”は誰にでも同調してしまうため、どこか不自然なイメージがあります。

人には好き嫌いがあって当然です。
かえって不信感を持たれやすいのが八方美人の特徴です。

八方美人な男性の特徴5選

八方美人の特徴

八方美人な男性は、多くの人に好かれたいと考えています。
ここで、八方美人な男性の特徴についてご紹介します。

特徴①:敵を作らない

誰とでも仲良くしたいので、敵を作るのを恐れます。

八方美人でなくても敵は作りたくないものです。
しかし人間関係を構築すると、どうしても好きな人や苦手な人がでてきます。

八方美人な男性は、苦手な人に対しても笑顔をうかべて話しかけます。
単純に嫌われたくないという心理があるため、誰とでも優しく接しようと考えるのです。

特徴②:まわりの行動にあわせる

社内会議などで、少数派の意見を持っていても多数派にまわるのが特徴です。

誰にでも理解を示して同調します。
一見、聞こえはいいのかもしれません。

自分の考えを発言しないことで、かえって評価が下がってしまうこともあるでしょう。

特徴③:なんでも「はい」と答える

優柔不断で『イエスマン』であるのが特徴です。
相手と異なる意見が出た場合に、否定されるのが怖いという心理から、なんでも「はい」と答えてしまいます。

相手にあわせるので、自分の考えを言いません。

物事をなかなか決められない優柔不断な一面もありますので、かえって人からの信頼を失うこともあります。

特徴④:いつでも笑っている

人から嫌われることを極端に嫌います。
また、雰囲気を悪くしたくないのでいつもニコニコしています。

ただ、まわりに気を配りずっと笑顔でいることで、とても気疲れします。

明らかに見え透いた笑顔でいると、かえって印象が悪くなることもあるようです。

特徴⑤:誰にでも優しい

誰からも好かれたいという心理から、誰にでも優しい一面があります。

困っている人がいれば、助けたいという心理から「大丈夫?」と声をかけます。

こころん
こころん

素晴らしいことだと思いますよ。

しかし、八方美人の特徴は声をかけるだけで、行動せず口だけになっていることが問題です。

声をかけるだけで、問題を解決していないことが多いので、周りの人間から『頼りにならない男』とレッテルを貼られるかもしれません

八方美人な男性の悩み

悩む

男性だけでなく女性にも言えることですが、知らず知らずのうちに八方美人になっている可能性があります。
八方美人なりの悩みについて見ていきましょう。

悩み①:自信がない

自分に自信がないために、誰にでもいい顔をしようとします。
そして、自分から前に出るのを躊躇してしまいます。

『本心を言ったら嫌われるのではないか』という心理が働くのは、自分に自信が持てないというネガティブ思考からの思い込みです。

自分に自信がないのを直すには、人に認めてもらうことが大切です。
仕事だけでなく趣味でもいいです。

ぶ~りん
ぶ~りん

テニスには多少自信があります。
褒められると嬉しくて自信につながります。

褒めてもらえると少しずつ自信にもなりますし、相手のことを信頼して本音が言えるようになります

悩み②:自分の本音を言えない

人から頼まれたら断れない特徴があります。
そのため、嫌な頼まれごとなど引き受けてしまいます。

自分の仕事が手一杯にも関わらず、「できますよ」と断れずに引き受けてしまい、そんな自分に嫌気がさすこともあります。

本音を言えないもう1つの理由が、他人を信用できないと考えている人が多いようです。
「本音を言ったら嫌われてしまうのではないか?」と考えているので、本心を隠して当たり障りのないようにいい顔をしてしまいます。

【注意点】
いじめやパワハラなどが原因で人間不信になるケースもあります。
心の傷となり、他人を信頼できなくなる要因となりうるのです。
どんな理由であれ、いじめやパワハラは許されることではありません。

悩み③:ストレスがたまりやすい

常にまわりに気を配り、嫌なことを引き受けてしまうとストレスが増大します。
問題なのが、まわりに相談せずに抱えこんでしまうことです。

自分で何とかしようと思うほど、まわりの人間にも相談できずにストレスがたまる一方です。
ストレスが原因で、うつ病や適応障害などにつながる恐れがあります。

悩み④:平和主義

平和主義と聞くと、穏やかで優しいイメージがあります。
八方美人の男性は、争いごとが苦手で可能な限り避けようとします。

自己主張せずに、相手の主張に合わせて中立的な立場を取ろうとします。
「自分の意見を言わない」
「どっちつかずの態度が気に入らない」
など印象が悪くなることもあります。

かえって孤立してしまうケースもあるので、平和主義である自分に嫌気がさすこともあるでしょう。

悩み⑤:他人の意見に流される

自分に自信がないことに繋がります。
争いごとや対立することが苦手で、他人と比較する傾向があります。

他人の優れている部分だけを見て判断してしまうので、嫌われるくらいなら同調しようと考えてしまうのです。

八方美人をやめてからの変化

変化2

ここからは私の経験談になります。
知らず知らずのうちに八方美人でふるまっていましたが、やめていく過程で気づいた変化についてお伝えします。

気づいた変化①:意外と嫌われない

私がうつ病にかかってから、対人はできるだけ避けていました。
少しずつ体調が良くなり、テニス仲間と会う機会がありました。

仲間と歓談している時に聞いた言葉が印象に残りました。

テニス仲間
テニス仲間

やっと素のお前がでてきたな。

仲間に対しても八方美人でいたのかもしれません。
自分をさらけ出すことで、話も盛り上がりました。

もちろん嫌われることはあるでしょう。
人間ですから。

ぶ~りん
ぶ~りん

自分が思っていたほど、『嫌われないんだな』と思いました。

ネガティブ思考が強く、思いこみが激しかったかもしれません。

八方美人でいることで、かえって相手に気をつかわせていたのかもしれませんね。

気づいた変化②:自分で考えて行動できるようになった

私の場合は、ブログ運営に当てはまります。
自分で考えて行動することを心がけています。

ブログに関わらず人に頼ることは必要ですし、自分の力だけでは限界があります。

ただ、私の場合は相手に頼りすぎてしまうと、思考が停止することが多々ありました。
思考が停止すると、行動できなくなります。

八方美人とは関係ないと思われるかもしれません。
しかし八方美人の特徴として、優柔不断で行動できないこともあげられます。

無関係ではなさそうですね。

まとめ

検証

八方美人な男性の特徴と悩みについて検証しました。

八方美人にも良い点はあります。
穏やかで優しく気配りができるところは、人間関係を構築する上で大きな武器となります

ただ、度がすぎると相手に不信感を与えてしまう恐れがあります。

もし、あなたのまわりにいる人間が八方美人だなと感じたら、「それって本心で言ってる?」と聞いてみるといいでしょう。
八方美人にとっても本心を言うキッカケになるかもしれません。

八方美人を急に変えるのは難しいです。
しかし、自分が八方美人であると自覚するだけでも違います。

素の自分を見せるだけでも、印象が変わるかもしれません。

参考にしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる