うつ病の人に「がんばって」はタブー?うつ病当事者が徹底検証

【   】

【この記事を書いた人】

笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。

メンタル疾患の人に、「がんばって」と声かけするのはタブーだと聞いたことはありませんか?

最近は、本やネットでも見かけます。

今回の記事では、「がんばって」という言葉が本当にタブーなのか、うつ病経験者の私が検証してみました。

この記事を読んでいただき、「がんばって」を使うべきか考えるきっかけになると幸いです。

こんな方に読んでいただきたい
  • まわりにうつ病の人がいる
  • どうやって声をかけていいのか分からない
  • 「頑張れ」と言ってはいけない理由が分からない

目次

Twitterでアンケートをとりました

結果を見ると、言わない方がいいですね。
半数が、「がんばって」と言われたくないとの回答をいただいています。

一方、体調次第で「がんばって」という言葉の捉え方が変わる人も多くいます。

私自身も、急性期と呼ばれる状態の時は、「がんばって」と言われても、「いつも頑張っているよ」と返答したくなります。
心の中にぐっとおさえこんでいました。

声をかけずに、放っておいてほしいと思っていました。

その場では「ありがとう」と伝えますが、心の中では葛藤していました。

しかし、体調が比較的安定すると、「がんばれ」という言葉が、励ましの言葉に聞こえるようになりました。

私の場合ですが、体調により捉え方が変わります。

「待っているよ」

待つ

「がんばれ」という言葉を使えないなら、どうやって励ませばいいの?と思う方もいるでしょう。

個人差はありますが、調子悪そうな時は、静かに見守ってくれると幸いです

一言伝えるなら、
「待っているからね」「待っているよ」
と言葉を置きかえてみましょう。

私自身は、家族や友人から言われた時にすごく嬉しいと思いました。

病気になると、疎遠になる人は一定数います。
ごく一部でも、自分のことを待ってくれる人がいたら、よりどころになります

まとめ:「がんばれ」はできるだけ使わないでほしい

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「がんばって」という言葉が本当にタブーなのか、うつ病経験者の私が検証してみました。

当事者視点で知っていただきたいとの思いをこめて記事にしました。

別記事にて、傷ついた言葉についてご紹介しております。

いま一度、かける言葉について考えていただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる