環境変化はストレス要因?うつ病経験者がメリットとデメリットを解説

【   】

私が新卒で入社した職場では、2年~3年ごとに転勤がありました。
うつ病にかかってから、転職を3回経験しております。
そのたびに、人間関係の構築や業務内容を1から教わってきました。

ぶ~りん

環境の変化に対応するのは、かなり苦労しました。
何度も経験するとメリットとデメリットが見えてきました。

こんな方に読んでいただきたい
  • 主治医から「大きな環境変化はやめた方がいい」と言われた
  • メンタル疾患にかかった人の経験談を知りたい
  • 環境変化のメリットとデメリットを知りたい

今回は、『環境変化』のメリットとデメリットをお伝えします。

結論から申し上げますと、大きな”環境の変化はできる限り避けた方がいいです

理由は、ストレスにより体調を崩すリスクが高まるからです。
一方、メリットに感じたこともありましたので、経験談をまじえて解説します。

注意点
  • ぶ~りんの主観がはいります。参考程度に見ていただけると幸いです。
目次

環境変化はさまざま

環境

人生において『環境変化』は様々な形で発生します。
人事異動や転職など仕事関係から、クラス替えや進学など学業にも当てはまります。

1人暮らしなど引っ越しすることも環境変化になります。

私生活では、結婚や出産など喜ばしい環境変化もあります。
失恋や離婚など悲しい出来事もあります。

『環境の変化』は生きていくうえで避けることは難しいです。

メンタル疾患をかかえての環境変化

変化

ここからは私の経験談をまじえてお伝えします。
私はうつ病と診断されてから、休職と転職を経験しています。
転職した関係で、引っ越しも経験しております。

精神科デイケアに通っていた際に、復職か転職かで迷っていた時期がありました。
その時に、主治医やデイケアの相談員から言われたことがあります。

医師

大きな“決断”や“環境変化”はできるだけ控えてください。

理由は2点ありました。

環境変化を控えた方がいい理由
  1. うつ病により判断力がにぶっている
  2. 負荷が大きくストレス要因になる

転職してからすぐに再発したことを考えると、引っ越しや転職など『環境の変化』は想像以上に心身共にダメージが残ることを痛感しました

環境変化のメリット

メリット

直近では心身ともにダメージがありましたが、環境変化はリスクばかりではありません。
環境を変えて良かったこともありましたので、メリットをご紹介します。

人間関係の見直し

いじめやパワハラなど人間関係が原因でメンタル疾患にかかった場合、環境を変えることは有効になります。

1から人間関係を構築する難しさはあると思います。

しかしストレス要因から離れることで、少しずつ体調が良くなった経験があります。
うつ病発症の原因となった人物から離れることは、選択肢として良かったこともあります。

環境を変えることで、あなたの人生に影響を与えるような人と出会えるかもしれません。

ぶ~りん

人間関係を見直すことは、人生において必要なことです。
一方、リスクにもなるので慎重に考えましょう。

自分を“知る”

転職活動や引っ越しなど大きな環境変化を経験すると、どのようなイベントがストレス要因になるのかある程度分かってきます。

環境を変えることで、新たな自分を発見できるかもしれません。

自分を“知る”ために環境を変えるのもいいでしょう。
ただ、嫌な自分を知ってしまうかもしれません。

貴重な経験として捉えることができれば、環境変化はプラスになります

必然的に“考える”ことが増える

慣れた環境ですと、考えることが少なくなります。
人間の習性ですね。

新しい環境になると、必死に考えないといけません。
何をやればいいのか、何が足りないのか必然的に考える時間が増えます。

意識して行動することで、脳が活性化されます

脳活性については別記事でもご紹介しています。

環境変化のデメリット

デメリット

メンタル疾患をかかえての環境変化は、デメリットに感じたこともあります。
大きな決断や環境変化は控えた方がいい理由を解説します。

ストレス要因になる

ストレス自体は『悪』ではありません。
程よい緊張感で力を発揮することができるからです。

しかしメンタル疾患をかかえている人にとっての“ストレス”は、圧倒的にデメリットの方が大きいです。

メンタル疾患にかかると、ストレス耐性がかなり下がります。
ちょっとした変化に対しても傷つきやすくなっています。
人間関係や転職など社会的要因だけでなく、気圧や寒暖差などで体調を崩す人も多くいるでしょう。

うつ病急性期の段階での『環境変化』はできる限り避けた方がいいです
理由は、無理して体調が悪化した経験があるからです。
可能な限り、療養することをまずは優先してください。

事情により、どうしても『環境変化』しなければいけない状況もあると思います。

その際は、主治医やカウンセラーなどあなたを支えてくれる人に必ず相談しましょう
1人で判断するのはできる限り避けましょう。

想像以上に“思考能力”は低下しています

最後に伝えたいこと

最後に伝える

環境の変化は、自身の成長にもつながり良いこともあります。
しかし環境変化はストレスにもなります。

まわりの人間と相談しながら優先順位をつけて、たくさんの変化を集中させないことが大切です。
環境が変わると心機一転とばかりに、新しいことに取り組みたくなるものです。

そこはぐっと我慢をして体調と相談しながら、少しずつ取り組むのも必要です。

環境変化を考えている方は、今回の記事を参考にしていただきじっくり考えていきましょう。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる