今だから言える!うつ病診断前の初期症状と思われる7つの異変

【   】

うつ病にかかると、心身共にさまざまな症状が現れます。
こじれてしまうと、自ら死を選んでしまう恐ろしい病気です。

他の病気と同じように、専門医での早期検診や治療が望まれます

こんな方に読んでいただきたい
  • うつ病診断前の症状を知りたい
  • 実際に経験した人の声を聞きたい
  • まわりの人間の行動に違和感を感じる

今回は、うつ病と診断される前におこった、初期症状と思われる異変を7つご紹介します。
今だから『おかしい』と感じますが、受診前の当時は、ただの違和感にしか感じていませんでした。

この記事を読んでいただき、少しでも異変が続いたら専門医を受診してほしいです。

  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。
注意点
  • 症状は個人差があります
  • 環境や状況によって大きく変わります
  • 一人の体験談としてご覧ください


目次

うつ病診断前の初期症状と思われる7つの異変

異変

ここからは、私がうつ病と診断される前におこった、初期症状と思われる異変を7つご紹介します。

異変①:誘いを断る

仕事だけでなく、プライベートの誘いを断ることが増えました。
人と会うこと自体が億劫になっていたのです。

当時は、人間関係で悩みがありました。
人間関係が崩れると、疲れてしまい『人といること』を避けてしまいました。

家族や仲のいい友人までさけました。

避けるという行動は、振り返ってみると異変だったなと思います。

異変②:好きなことに興味がなくなる

私自身、趣味は多い方だと自認しています。

ドライブや旅行からテニス、ゴルフとさまざまです。

しかし、自分の好きなことが、突然できなくなりました。
できなくなったというより、やろうとする気力がわかなかったです。

うつ病の症状のひとつに意欲低下があてはまります。

意欲低下は、初期症状に出てきました。

こころん

疲れた時は、やる気が起きない日もあります。

ぶ~りん

めんどくさいことに、意欲低下がずっと続くんです。
気力がわかない日も、多々ありました。

異変③:活字が読めなくなる

「何を言ってるんだ」と思う方もいるでしょう。

とにかく頭が働きません。
字を読むことが、とてもしんどく感じます。

当時は、新聞の朝刊を毎日読んでから、仕事場に向かいました。

それが、ある日突然、読むのがしんどくなりました。
好きで読んでいたのに・・・。

こころん

マンガは読めたの?

ぶ~りん

そもそも、『マンガを読む』行動さえもしんどかったです。
活字より読めていましたが、それでも途中で気力がわかず、読み途中になったこともありました。

異変④:眠れなくなる

うつ病あるあるです。

初期の身体症状として出てきたのが不眠です。
疲れているはずなのに、頭は働いた状態でした。

常にネガティブなことばかり考え、そのまま朝になったこともありました。

ぶ~りん

身体症状として最初に出てくる方も多いようです。
不眠だけでなく、冬場の仮眠も大きな問題でした。
睡眠の大切さを思い知らされました。

異変⑤:ミスが増える

睡眠障害と関係します。

寝不足で疲れた状態で行くと、とにかくミスが増えます。
思考力が低下して頭が働きません。

ミスが起こると、当然怒られます。

ぶ~りん

ミスをする⇒怒られる⇒人と接するのが億劫になる⇒考えて眠れなくなる⇒ミスをする。
今考えても、悪循環にはまってしまいました。

異変⑥:長期間落ち込む

落ち込むことは、誰しもが経験していることです。

『気分が落ち込んで元気がない』という状態が、普段とはくらべものにならないほど、強く長く続きました。

気持ちの切り替えが難しく、非常に苦しかったです。

悲観的な考えが1日中、脳内をリピートしている感覚です。

ぶ~りん

家族にも相談せず、全部自分で抱え込んでいました。
寝れば治ると思っていましたが、そんな単純ではなかったです。

異変⑦:テレビがつまらない

テレビを見ても、正直つまらなかったです。
今のテレビは、カラーがほとんどです。

うつ病9段著者先崎先生の本にも書いてありましたが、『画面がモノクロに見える』との表現が的確です。

モノクロに見えたので、すぐにテレビを消しました。

あと、テレビからの音がとても嫌になったので、しばらくはテレビをつけなかったです。

テレビがつまらないと感じたのも、異変の兆候だったと思います。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、うつ病と診断される前におこった初期症状と思われる異変を7つご紹介しました。

初期症状と思われる7つの異変
  1. 誘いを断る
  2. 好きなことに興味がなくなる
  3. 活字が読めなくなる
  4. 眠れなくなる
  5. ミスが増える
  6. 長期間落ち込む
  7. テレビがつまらない

異変に関しては、個人差が大きくあります。
参考程度にみてください。

大事なのは、異変をそのままにしないことです。
箇条書きでいいです。
記録を残しておくと、病院に行った時に正確な情報を医師に提供できます。

精神科やメンタルクリニックは、決して怖いところではありません。

異変が続いた際は、病院を受診してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる