『何もしない』は決して悪いことではない話【むしろ必要です】

【   】

突然ですが、あなたは休めていますか?

うつ病になると疲れやすいです。
休んでいる間に脳裏をよぎることがあります。

ぶ~りん

今日は何もしていない。

予定がびっしりの忙しい毎日だと、学業や仕事でストレスがたまります。
でも行動していないと、罪悪感を感じ自分をせめてしまう。

そのような経験はありませんか?

今回は「何もしないこと」の大切さについてお伝えします。

  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。
こんな方に読んでいただきたい
  • 疾患をかかえて動けない
  • 他人と比較して、『何もしない』ことに罪悪感をおぼえる
  • 動いていない自分をせめてしまう

そんなあなたに、少しでも楽になれる考え方をお伝えします。

目次

『何もしない』=『なまけもの』ではないよ

なまけもの

もともと日本人は、とても真面目です。

うつ病になった人をリアルでもネットでも見てきましたが、真面目で勤勉な人が圧倒的に多いです。
ただ、少しだけ不器用で人間関係に悩み、余裕がなくなるから頑張ってしまう。

休むことに抵抗があり、゛何もしない=なまけもの゛と罪悪感を感じてしまっているのです。

ぶ~りん

次にこの業務をやって、空いた時間にこれもやって・・・。

私も空いた時間に効率よく何をやるのか考えてしまい、休む時間を惜しんで作業していました。

うつ病になってから、本を読みカウンセリングするようになったことで、休むことの大切さを学びました。

ぶ~りん

何もしないことは、無駄な時間ではないです。

少しずつ考え方が変わったことで、「何もしない」ことへの罪悪感もなくなり、ゆっくりと休める時間が作れるようになったと思います。

何もしない=なまけもの

何もしない=休むこと=がんばることに必要な充電時間

情報が入りすぎることで休むことを難しくしている

情報 洪水

現代では、インターネットが普及して、情報があふれかえっています。

SNSや動画配信サービスなど使えば、いくらでも情報が入ってきます。

情報はとても大切です。
ただ、便利すぎるがゆえ情報が入りすぎると、かなり疲れてしまいます。

そこで、私がやったことのある対処法を1つご紹介します。

1日中、テレビやスマホを見ないで情報を遮断する

お仕事されている方や、スマホなどに依存している方は難しいかもしれません。

半日でも良いです。

一度、やってみてください。

情報を遮断することで、以下のような効果を感じました。

情報を遮断した時の効果
  • 頭の中が整理できた
  • 心から休むことができた
  • 心に少し余裕がでてきた

ブルーライトの刺激は、脳を活性してしまい、体が休まりません。

1人の時間を作ることも、大切化もしれませんね。

『何もしたくない』は体からのSOS

SOS

頑張りすぎている人は、調子が悪くても成果を上げようとそれ以上に頑張っちゃいます。

メンタル不調が現れ、身体症状が出てくると、今までの頑張り以上に治療で時間がかかります。

『何もしない』ことは大切だとお伝えしました。

『何もしたくない』と思っている人は、体からのSOSだと思ってください。

そうなる前に、体からのSOSとしてあげられる症状をご紹介します。

体からのSOS一例
  • 気持ちが落ち着かない
  • 気分が沈む
  • 憂うつ
  • イライラする
  • 怒りっぽい
  • なかなか寝つけない
  • 理由もないのに不安な気持ちになる

症状が出たばかりに時は、対策をとることができます。

ただ、少し疲れがたまっただけでは、そのまま放置する方もいると思います。

ここで休んでおかないと、後から反動がくる可能性があります。

ぶ~りん

私が経験しているので、無理は禁物です。

思っている以上に、体は疲れているのです。

疲れていると、イライラなど感情をコントロールするのが難しくなります。

うつ病を経験してから短気になる理由を、別記事にてご紹介しております。

まとめ:『何もしない』時間を積極的に取り入れよう

何もしない 時間

いかがだったでしょうか。

私はうつ病と診断されてから、体に少しでも違和感を感じたら、『何もしない』時間を作るようになりました。

2日間休みがあったら、1日は完全に自宅で休養することを重視しています。

スケジュールにも、休む時間を必ず作ります。

飼っている人は分かると思いますが、猫はいつもゴロゴロしていますよね。

猫の考えは分かりませんが、人間も『何も考えない』でゆっくりする1日が大事だなと思うんです。

今回の記事を参考にしていただき、少しでも楽になれる人が増えることを、心より祈っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる