【書籍レビュー】うつ病と向き合うために読んだマンガ【厳選5選】

【   】

どうもぶ~りん(@burimon20)です。

私は2015年にうつ病と診断されました。
うつ病と向き合うために、様々な本を読んできました。

ぶ~りん
ぶ~りん

今では、月に5冊程度読めるようになりました。
うつ病の寛解を目指しながら知識を取得したいからです。

しかし、うつ病にかかると本を読むのもしんどくなります。

こんな方に読んでいただきたい

☑ 活字だけでは読むのがしんどい
☑ メンタル系のおすすめマンガを知りたい
☑ うつ病と向き合うための本を知りたい

この記事では、うつ病向き合うために私が読んだマンガを5つご紹介します。

家族など、様々な視点からメンタル疾患と向き合っているマンガをご紹介します。

症状や状況によって捉え方が変わるかと思います。
ご自身の状態に合ったマンガをぜひ探してみてください。
目次

マンガでわかるうつ病のリアル

●タイトル:マンガでわかるうつ病のリアル
●著者:錦山まる(漫画家)
●発行/発売:KADOKAWA
●ページ数:158ページ
●初版発行:2020年7月2日

キャラクターの口調が、うつ病のリアルを分かりやすく強調

インフルエンサーであり漫画家である著者が、ご自身のうつ病体験談を漫画で要約して文章で深く解説しています。

表現が正しいのか分かりませんが、登場人物が萌えキャラに近いです。
可愛らしさのインパクトが強くて、感情移入しやすかったです。

『うつ病のリアル』は主人公の女性がうつ病を患い、うつ病の知識がない親友と猿のキャラクター『まる』が主人公を支えていきます。

猿のキャラクターが、錦山まるさんの体験談を投影させているのかなと推測しました。

4コマ漫画なので、サクッと要点を理解できます。
文章部分は、例え話をまじえながら具体的な症例や困りごとが書いてあるので、分かりやすいです。

例え話があると、うつ病にかかったことがない方もイメージしやすいですよね。

特に印象的だったのが、お猿さんキャラクターの口調です。
かなり強い口調です。
強い口調だからこそ、うつ病当事者視点での出来事や考えが強調されて良かったです。

キャラクターの好みは、正直分かれると思います。
感情移入しすぎると、読むのが疲れてしまうかもしれません。

こんな方にオススメ

☑ うつ病の症状を具体的に知りたい
☑ まわりの人間にうつ病を理解してもらいたい
☑ うつ病体験者のリアルな声を聞きたい

メンタル系の本は、分かりやすいことが重要だと考えております。
うつ病の人の声を代弁してくれている1冊』といっても過言ではありません。
断言できます。

家族もうつを甘くみてました #拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生

家族もうつを甘くみていました #拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生
created by Rinker
●タイトル:家族もうつを甘くみてました #拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生
●著者:ブリ猫。
●発行/発売:ぶんか社コミックス
●ページ数: 160ページ
●初版発行:2020年1月10日

メンタル疾患の人を支える方に読んでほしい1冊

著者のブリ猫。さん作といえば、『うつを甘くみていました』が有名です。
『うつを甘くみていました』の続編になります。

個人的には、続編の『家族もうつを甘くみていました』を読んでいただきたいです。
理由は、うつ病になった人の支える側の情報って意外と少ないからです

主人公はブリ猫。のお父さんになります。
夫の浮気がきっかけで、メンタル疾患になった娘(ブリ猫。)を支えるお父さんとお母さん側の話です。

私は、うつ病の当事者であり1児の父親でもあります。
読み終わった感想は、健常者でも心身ともに限界があること。

支える側として何ができるのか、どのような工夫をしたのか具体的に描かれています。

病気を受け入れる』って難しいと思うんです。

理解しすぎようとして、共倒れになるのは患者の立場としても本意ではありません。

ブリ猫。さんのご家族は、治療に協力的で山あり谷ありながらも、時間をかけて工夫しながらブリ猫。さんに寄り添っていました。

しかし、全部の家族に当てはまるとは言えないです。

助けることって綺麗ごとではありません。
それなりの覚悟が必要です。

こんな方にオススメ

☑ メンタル疾患の人にどうやって接していいのか分からない
☑ 家族視点での闘病記を読みたい
☑ 双極性障害について知りたい

いつも当事者視点でしか見えていなかったので、気づきにもなりました。
家族の方だけでなく、当事者も手にとってもらいたい1冊です。

家族もうつを甘くみていました #拡散希望#双極性障害#受け入れる#人生
created by Rinker

うつ病九段

うつ病九段
created by Rinker
●タイトル:うつ病九段
●原作:先崎学(棋士)
●漫画:河合克夫
●発行/発売:文藝春秋
●ページ数:214ページ
●初版発行:2020年4月24日

『うつ病』と『棋士』のドキュメンタリー物語

プロ棋士である、先崎学九段の書籍を漫画化したものです。
うつ病について赤裸々に体験談が描かれています。

プロ棋士が将棋を指せなくなる苦悩についても描かれているので、プロ棋士のドキュメンタリー物語としても読む価値があります

すべて読んでいただくと、うつ病は他人事ではないと実感できます。

精神科医のお兄さんのすすめで入院することになります。
将棋のことが頭から離れない苦悩や、将棋を指すことができない無力感が赤裸々に描かれていました。

『寝入りが悪い』『集中力の低下』『決断できなくなる』などの症状は、自分自身も体験しているのでとても分かります。

絵のタッチが親しみやすいので、かなり読みやすいです。

こんな方にオススメ

☑ うつ病について知りたい
☑ 将棋界について知りたい
☑ 漫画でサクサクと読みたい

先崎九段のその後を知りたいなと思う1冊です。

うつ病九段
created by Rinker

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
created by Rinker
●タイトル:うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
●著者:田中圭一(漫画家)
●発行・発売:KADOKAWA
●ページ数:181ページ
●初版発行:2017年1月19日

17人の『うつヌケ』体験談

著者の田中さんは、10年以上うつ病に苦しんできました。
田中さんご本人が、うつになってから抜け出すまでの過程を詳しく紹介しています。

もう1点大きな特徴があります。
著者含め、17人のうつ病経験者や精神科医へのインタビューによって成り立っていることです。

それぞれの状況や心情を紹介しており、うつから抜け出してからの向き合い方についても説明しています。

『うつ寛解の成功例』として見ていただくといいでしょう。
金銭的な問題や家庭の環境は、人それぞれ違います。

少し前向きすぎるかなと個人的に感じました。
絵は可愛らしいので好きです。

こんな方にオススメ

☑ うつの症状が落ち着いてきた人
☑ うつの人と関わる方
☑ 田中圭一さんに興味がある人

合う合わないがはっきり分かれると思います。
うつの多様性を理解してもらうには、1冊あってもいい本です。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
created by Rinker

ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。
created by Rinker
●タイトル:ツレがうつになりまして。
●著者:細川貂々(漫画家、イラストレーター)
●発行/発売:幻冬舎文庫
●ページ数:134ページ
●初版発行:2009年4月1日

映画化されて『うつ病の認知を広げた』大ベストセラー本

映画では、堺雅人さん/宮崎あおいさん主演で話題になった『ツレうつ』。

著者の旦那さんが、会社の激務とストレスでうつ病を発症してしまいます。
優しく見守る妻目線で、日々の出来事が描かれています。

うつ病治療には、『支える人の存在』が大切です。
支える人がいなくて苦しんでいる方もいます。

身近な人がうつ病にかかった時、どのように向き合えばいいのか、どのようなことが起こるのか知ることができます

うつ病というのは、体調の波が激しいです。
長い時間をかけてゆっくり回復する状況が描かれているので、とても共感しました。

うつ病は誰しもなりうる病気』というのを浸透させた1であるのは間違いないです。

30分くらいで読めますし、可愛いイラストで読みやすいです。

こんな方にオススメ

☑ うつ病の知識がない方
☑ 身近にうつ病の人がいる方
☑ 短い時間で読みたい

個人的には、「うつ病は甘え」「うつ病は弱い人がなる」と思っている人に読んでいただきたいです。

ツレがうつになりまして。
created by Rinker

まとめ

今回は、うつ病と向き合うために私が読んだマンガを5つご紹介しました。

うつ病は、どんな人でもなりうる病気です。
ご紹介したマンガは、うつ病と向き合ってきた人の体験談が描かれています。

体験談だからこそ、参考になることもありますし、何より勇気づけられます

マンガですので、活字より読みやすいです。

気になった本がありましたら、ぜひ手にとってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる