【支える方向け】うつ病の私が言われて傷ついた7つの言葉

【   】
  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します
  • 2015年にうつ病と診断された人間
  • ちょっとした言葉で傷ついた経験あり

詳しくは、プロフィールをご覧ください。

今回は、うつ病当事者である私が言われて傷ついた7つの言葉をお届けします。

ぶ~りん

本当はもっとたくさんあります。

うつ状態がひどいと、基本ネガティブ思考なので悪い方に何でも変換してしまいます。

なかなか厄介です。

その中でも、特に傷ついた言葉を7つに絞ってお伝えします。
人それぞれ捉え方が違います。

私にとって傷ついた言葉でも、あなたにとっては大したことないと考えるかもしれません。

こころん

えっ、そうなの?

ぶ~りん

うつ状態だと余計に敏感になります。

『豆腐メンタル』なので、余計に落ちこんでしまいます。

『豆腐メンタル』は、悪いことばかりではありません。
別記事にてご紹介しております。

今回の記事を読んでいただくことで、些細な言葉でも傷つく可能性があることを知っていただけると幸いです。

目次

うつ病の私が言われて傷ついた7つの言葉

傷つく

うつ病には回復過程がありますが、些細な言葉で体調を崩すことがあります。
私が言われて特に傷ついた7つの言葉をご紹介します。

「もう少し頑張れるでしょ」

うつ病の人と接する時に「頑張れと言ってはいけない」と思われている方が多いと思います。

うつ病を経験している私からすると、正しいともいえるし、正しくないともいえます
症状によって、捉え方が変わってくるからです。

うつ病の回復過程には急性期回復期再発予防期の大きく3つの段階に分けられます。

症状が重い時は、何もやる気が起こりません。
身体症状が出ているので、ネガティブ思考になっています。
そのような状態で、「頑張れ」と言われたらどう思いますか?

ぶ~りん

頑張りたくても、頑張れないよ。

頑張れない自分を責めてしまい、さらに追い詰めることになります。

一方、回復期や再発防止期の時に「頑張って」と言われると、

ぶ~りん

応援してくれてありがとう。

素直に受け止めることができました。

人それぞれ症状が違います。

自分でも、回復過程の段階が分からない場合があります。

こころん

見守ってるよ。

そのくらいの感覚でいてくれるとありがたいですね。
わざわざ「頑張れ」という言葉を使う必要はないと思います。

「太ったね」

これはかなり傷ついた言葉ですね。

ただ、うつ病にかかると太ってしまう原因があります。

〇 運動不足

うつ病の症状や副作用により倦怠感が強くなると、何もする気が起こらなくなります。
結果、ベッドや布団から出れないこともありますよね。

運動をしないと代謝が下がります。
食べたものも燃焼できずに蓄積されるので、体重増加の原因になります。

〇 過食

ストレスで過食になる場合と、薬の副作用で引き起こされる場合があるようです。

ぶ~りん

太りたくて太ったわけではないよ。

何度思ったことか・・・。

逆に痩せる方もいます。

うつ病の人には体形について触れない方が良いでしょう。

体重増加については、別記事にてご紹介しております。

「なんでうつ病になったの?」

うつ病になった原因は、1つとは限らないです。
思い当たることはあっても、確証が持てないんですよ。

例えば、がんになった方に原因を聞いても分かりませんよね?

うつ病など精神疾患も同じです。

ADHD(注意欠如・多動性障害)など発達障害からのストレスで、うつ病や適応障害になる可能性もあるそうです。

「お金は大丈夫なの?」

「大丈夫でないこと」は、本人が一番分かっています

うつ病になったら、働くことが困難になります。
働けなくなったらお金が無くなります。

言われることで、余計に焦りやストレスを感じます。
口には出してほしくない言葉ですね。

「おまえよりもっと大変な人がいる」

家族から言われました。

病気以外の悩みを抱えている方は、たくさんいるのは分かります。

うつ病は、他人と比較する病気ではありません。
うつにならないと分からない苦しさがあります。

この発言は、うつ病を軽視している感じがして、とても嫌な気持ちになりました。

「いつから働けるの?」

家族から言われる人が多いと思います。

個人差はありますが、うつ病は治るのに時間がかかります。
私は、うつ病と診断されてから、数年経過してます。

時間がたつほど、心配になる気持ちは分かります。

ぶ~りん

早く働かないといけない。

私も両親から言われ、焦って転職活動をしました。
その結果、再発しました。

本人が一番傷つき、自己嫌悪に陥ってしまいます。

キャリアにも傷がつきます。

「気持ちの問題じゃないの?」

TwitterのDMで届いた言葉です。

SNSの書き込みでも拝見しました。
残念ながら、今でもそのように考える人が多いようです。

うつ病はWHO(世界保健機構)が病気として認めています

ぶ~りん

骨折している人が根性だけですぐ治せると思いますか?

うつ病も、適切な治療をした上で治していく病気です。
同じ怪我や病気でも、「うつ病だけは違う」と考えている人が、一定数いるのは悲しいですね。

うつ病にかかった側の人間として一番聞きたくない言葉です。

『うつ病の私が言われて傷ついた7つの言葉』のまとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、うつ病当事者である私が言われて傷ついた7つの言葉をお伝えしました。

言われて傷ついた7つの言葉
  • もう少し頑張れるでしょ
  • 太ったね
  • なんでうつ病になったの?
  • お金は大丈夫なの?
  • お前よりもっと大変な人がいる
  • いつから働けるの?
  • 気持ちの問題じゃないの?

精神疾患に限ったことではありませんが、言葉選びには十分に注意していただきたいです。

うつ病にかかっている人は、ちょっとした言葉にも敏感に反応します。
言葉1つで体調が悪化する場合があります。

周りにうつ病の方がいましたら、この記事を参考にしていただけると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる