【うつ当事者が試した】散歩を無理なく続けるために工夫していること

【   】

うつ病の治療に、効果があると言われているのが散歩です。
メンタル関係で発信されている方や精神科医も、朝日をあびて歩くことをおすすめしてます。

ぶ~りん

主治医から口酸っぱく散歩をすすめられます。

散歩が、体に良いことは分かります。
でも、以下のような悩みを抱えている方が多いと思います。

こんな方に読んでいただきたい
  • めんどくさい
  • 散歩を始めるきっかけがない
  • 長続きしない

私は、継続できなかった人間です。

試行錯誤したことで、天候が良く、体調が安定している時は、無理なく歩けるようになりました。

  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。

今回は、散歩を無理なく続けるために工夫していることをお伝えします。

ぶ~りんの体験談になります。参考になりそうなことから始めてみましょう。

目次

最初から大きな目標をたてない

目標

本やネットで調べると、『30分は歩きましょう』『1時間歩くとダイエット効果が期待できる』など、たくさんの情報があります。

こころん

よーし、これから毎日1時間歩くぞ。

ぶ~りん

ち、ちょっと待ってください。
いきなりハードル高くないですか?

ハッキリ言います。
うつ病に関係なく、運動が苦手な人は、かなり難しいです。

そもそもうつ病になると、外に出ることもしんどいです。
玄関から外に出るだけでも、大きな1歩です。

庭先や家回りを、数分歩くことから始めましょう。

続くことができれば、少しだけ目標を上げてみましょう。

高い目標は、かえってやる気をなくします。

ぶ~りん

早く体力つけたいと思い、何度も失敗しました。

何事も段階を踏むことが大切ですね。

歩くコースを固定する

歩くコース

うつになると、思考能力が低下します。

最初のうちは、歩くコースを固定することをおすすめします
コースを決めてしまえば、行動しやすいからです。

ぶ~りん

習慣化するまでは大変かもしれません。
ただ、コースを考える必要がないので、続けやすくなります。

習慣化できれば、違ったコースを歩いてみるのもありですよ。

体調が安定して習慣化してくると、見飽きてくることがあります。
同じコースを歩くからです。

余裕が出てきたら、寄り道して違ったコースを歩いてみると気分転換になります

準備を減らす

準備

準備するのがめんどくさいと思って、散歩をやめてしまう人もいるでしょう。

ぶ~りん

準備がめんどくさいので、散歩をやめてしまったことあります。

着替えたり準備することが、めんどくさい時もありますよね。

準備に時間をかけたくないので、私が実践していることをお伝えします。

準備に時間をかけない工夫
  • パジャマ姿で散歩する⇒着替える時間をなくすため(朝散歩の場合)
  • 枕元に着替えを準備しておく
  • 素足で行く(靴下履くのがめんどくさい場合)
  • 玄関に持ち物を事前に置いておく
こころん

人目気にする人もいるでしょ?

有名人なら話は別でしょう。

ただ、人はあなたが思っているほど気にしていません
そう考えたら楽です。
散歩するだけなら、おしゃれする必要もありません。

準備に時間をかけないようするだけでも、ハードルが下がりますよ。

音楽を聴きながらウォーキング

音楽

好きな音楽を聴きながら歩くと、テンションが上がります。

私は、音楽アプリApple Musicを利用しています。

Apple Musicを利用するメリット
  • 3ヶ月無料キャンペーン開催中
  • iphoneはもちろん、Apple Watchからも再生できる
  • 無料期間中に退会しても無料
  • 6,000万曲の音楽が聴き放題

散歩との相性が良すぎるので、ご紹介しました。

ぶ~りん

学生の頃は、カセットやMDで音楽聴いてました。
携帯で音楽聴けるなんて、時代の流れを感じます。

音楽の楽しみ方
  • アルバム全曲流れたら、家に帰る
  • 散歩専用のプレイリストを作る

上記のような楽しみ方もできます。

『楽しむための動悸をつくる』ことは、続けるために大切なことです。

まとめ:散歩を続けてみよう

散歩

いかがだったでしょうか。

今回は、散歩を無理なく続けるために工夫していることをお伝えしました。

継続って難しいですよね。

私自身も、試行錯誤しながら散歩を続けています。

色々試した結果、『散歩しよう』と思えるようになりました。

ぶ~りん

今回、ご紹介した内容が、個人的に合っていました

歯を磨くのと同じように、『散歩に行ってみよう』と思えることが重要だと考えています。

今回の記事を参考にしていただき、散歩へ行くきっかけになると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる