Twitterで話題#ホメ療法を2ヵ月やって感じたメリット5選

【   】
  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。

Twitterを始めてから、『ホメ療法』の存在を知りました。

ぶ~りん

フォロワーさんもやってる人多いから、やってみよう。

気軽な気持ちで2ヶ月ほど続けています。

今回は、Twitterで話題の#ホメ療法を2ヵ月やって感じた5つのメリットをお伝えします。

#ホメ療法の発案者、弥生@もるさんが、『ホメ療法を始めたきっかけとエピソード』を教えてくださいました。

本当にありがとうございます。

こんな方に読んでいただきたい
  • 自信をなくしている
  • ネガティブなことしか考えられない
  • 『ホメ療法』についてもっと知りたい
  • 自分を褒めるのが恥ずかしい

この記事を読んでいただければ、『ホメ療法』について理解できます。

目次

『ホメ療法』が始まったキッカケ

きっかけ

『ホメ療法』とは、自分がしたことを書き出して自分を褒めるという認知行動療法のひとつだそうです。Twitterでも話題になっています。

こころん

Twitterで、#ホメ療法とつぶやいている人をたくさん見ます。

ぶ~りん

私もTwitterはじめて、たくさんの人がやっていることを知りました。

発案者は、弥生@もるさん@AdhdMoru)です。

『ホメ療法』をご紹介するにあたり、弥生@もるさんにご連絡させていただきました。

ぶ~りん

突然の連絡にも関わらず、とても丁寧に対応していただきました。

そこで、#ホメ療法ができたキッカケとエピソードを教えていただきました

ぶ~りん

皆さんも、気になる内容だと思いますのでお伝えします。

高校生の間で『勉強垢』が流行っているのを知ったのが直接的なきっかけです。

『どこを受験するのか?』『勉強をこれだけ頑張った!!』
リアルな友達には言いづらい。だけど、誰かと繋がって励ましあってやっていきたい・・・。
そうした思いから、『勉強垢』が広がったと私は解釈しています。

私はもともと自己否定・批判が強く、自分を責めてばかりだけど、頑張ってることだってある。他人から見たら、小さすぎるかもしれないし、誰にもホメてもらえないけど。

自分で自分をホメてあげてもいいんじゃない?匿名だったらできるかも!?
と思って始めました。

弥生@もる(@AdhdMoru

エピソードをうかがって、なぜTwitter内で自然に広がっているのかが分かりました。

今からご紹介する5つのメリットが大切だと感じたからです。

記録として残る

記録

メンタル疾患になると、心身ともに影響が出ます。

体が思うように動かなくなり、そんな自分自身を責めてしまう。
そしてさらに心は落ちていきます。

そんな時でも、その日に取り組んだ些細なことを書き出してみると、意外にできたことが見つかるんです。

私のツイートを振り返ると、メンタルが相当落ちた日でした。
それでも私にとっては『思ったよりできたこともある』と気づくことができました。

記録に残ることで、

記録を残すメリット
  • 書いた内容から行動を変えることができる
  • 内容が残ることで、振り返ることができる
  • できたこと(成功体験)が記録として残る

上記のようなメリットを感じることができます。

記録することの大切さは、別記事でもご紹介してます。

手軽にできる

手軽

やることは簡単です。

目標例
  • 今日できたことを、2つ以上褒める
  • 起床時に、目標を1つあげる

小さなことでもいいです。

私の場合、湯食後にホメ療法をTwitterでつぶやいて、翌日に『本日の目標』を1つ書いてます。

ルーティンとしてやるのもいいでしょう。

国、やり方が決まっているわけではありません。

自分にとってやりやすい方法を採用することがいいと思います。

参考に、私の例をのせておきますね

夕食後の#ホメ療法です。

 起床時の目標設定です。

参考にしていただき、自由にやってみましょう。

自己肯定感が高まる

自己肯定感

『ホメ療法』をやる一番の目的ですね。とても重要です。

人間は承認欲求のかたまりです。

Twitterで『#ホメ療法』をつけてツイートすると、フォロワーさんやホメ療法をおこなっている同志があなたのホメ療法を見にきてくれます。

「あなたは頑張ってえらい」「私も頑張ってみよう」
ボタンを押してくれ反応してくれるだけでも、嬉しくなります。

他人から受け入れてもらえる嬉しさやあたたかさを感じることができます

他者から認めてくれる評価は何よりも自信になります
自己肯定感が高まり、少しずつ自分を認めることができるようになります。

ぶ~りん

小さなことでもいいので、まずは書いてみましょう。

睡眠の質が良くなった

睡眠

ホメ療法をおこなったことで、睡眠の質が少しずつ変わってきました。

頭の中がポジティブな状態になるので、幸せな気持ちで布団に入れます。

ぶ~りん

ホメ療法をやる前は、ネガティブなことばかり考えてしまい、眠れない日もありました。

別記事でも紹介してますが、私は就寝前に3つのことを実践しています。

就寝前におこなうこと
  1. 就寝前にブルーライト(スマホ等)は禁止
  2. ハーブティーを飲む
  3. 就寝前に服薬

ご紹介した3点セット+『ホメ療法』をとり入れたことが個人的に良かったです。

寝る前のルーティンとして、『ホメ療法』を取り入れてみてはいかがでしょうか。

楽しく続けられる

楽しい

日記だけ書いていると、自分だけの作業になるので挫折する可能性があります。

『ホメ療法』が楽しいのは、SNSの仲間からいいね!やリプをもらえるからです。

ぶ~りん

まわりからの反応がとても嬉しいです。

発案者の弥生@もるさんもおっしゃってました。

SNSはネガティブな側面ばかり注目されますが、『勉強垢』のようにポジティブに使っている若い方がいるというのも嬉しかったです。

楽しくポジティブに利用している人が増えていることで、Twitterでも自然と広がっていることがよく分かります。

まとめ

まとめ

Twitterで話題の#ホメ療法をやって感じた5つのメリットをお伝えしました。

ホメ療法をやってみた5つのメリット
  1. 記録として残る
  2. 手軽にできる
  3. 自己肯定感が高まる
  4. 睡眠の質が良くなった
  5. 楽しく続けられる

『ホメ療法』のような取り組みは、もっと広まってほしいです。

自分に自信をなくしている人や、『自分はダメ人間』と結論づける人にとって、『ホメ療法』は自己肯定感を少しでもあげるためにぴったりな活動だと思いました。

自分らしく生きていくために、事項肯定感を高めることが大切です。

この記事を読んでいただき、多くの人が『ホメ療法』について知っていただけると幸いです。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる