【去る者は追わず来る者は拒まず】「バイバイ」と「またね」の使い分け

【   】

どうもぶ~りん(@burimon20)です。

私自身、昔から『去る者は追わず来るものは拒まず』のスタンスでいました。
良くも悪くも、ドライな性格かもしれません。

うつ病と診断されてから、親しいと思っていた人とも距離を置くことがありました。

疎遠になった人と電話していた時の出来事を、ふと思い出しました。

ぶ~りん
ぶ~りん

いつもは最後に「またね~」で会話を締めていたけど、その時の電話では「バイバイ」と相手が言ってました。

こころん
こころん

気にしすぎじゃない?

ぶ~りん
ぶ~りん

確かに気にしすぎかもしれないけど、急に連絡こなくなったし自分からも連絡しづらくなりました。

その時に思ったのです。

ぶ~りん
ぶ~りん

「バイバイ」と「またね」は違うのかな?

今回は「バイバイ」と「またね」の使い分けについて考えていきます。

私の主観が多く混じっています。ひとつの考え方として見ていただけると嬉しいです。
目次

「バイバイ」「またね」の意味

「バイバイ」や「またね」に共通している点はあります。

・目上の人には使わない
・仲がいい間柄で使う
・別れの際に使う言葉

では何が違うのか考えてみました。

・「バイバイ」には『さよなら』の意味がこめられている。
・「またね」には、『また会いたい』という気持ちがこめられている。
・「またね」には、別れと同時に社交辞令としても使われる。

私だけの勝手な解釈かもしれません。
あなたにとって、何も意識せずに同じ意味で使っている言葉かもしれません。

どうしても「バイバイ」は「さようなら」を軽くした響きに捉えてしまいますね。

「またね」に想いをこめる

またね

少し話が脱線します。

私は、マンガのワンピースが大好きで何回も読み返しています。

主人公のルフィは、恩人や友達との別れ際には必ず「また会いたいもんな」「またな」という言葉を使っています。

ぶ~りん
ぶ~りん

「さようなら」「バイバイ」という言葉は使っていないんです。

物語を読んでいれば分かりますが、ルフィの“人を寄せつける力”には行動と言葉がセットになっています。

学生の時には毎日にように会っていたクラスメートやバイト仲間。
自分が好きだった人。可愛がってくれた先輩。

今では関係性が薄くなってしまった人も多くいますが、彼ら彼女らが使ってた「またね」は「バイバイ」と同じ意味だったのはなんとなく分かっています。

ワンピースの影響や過去の出来事がキッカケになりました。

これからも会いたい人や私が大切にしたい人には、「またね」という言葉を使います
相手に気づかれないかもしれないけど、「またね」に想いをこめて使います

また会いたいから。

今後会わないだろうなという人に対して、「またね」は使わなくなりました。

「バイバイ」と「またね」の使い分けのまとめ

バイバイ またね

普段から何気なく使う「バイバイ」と「またね」の言葉。

現実的には同じような使われ方をしています。

個人的には使い分けをすることで、人間関係の分別ができるようになりました
「またね」という言葉を大切に使うようになったのは事実としてあります。

『去る者は追わず来るものは拒まず』のスタンスは、少しずつ変えていきたいですね。

言葉について考える機会は、意識しないと難しいと思います。

記事をご覧いただき、言葉や行動について考えてみましょう。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる