なんでお風呂に入れないの?うつ病当事者視点で解説

【   】

うつ病にかかると、お風呂に入るのがしんどいと思う方が多いです。

「お風呂に入らないとリフレッシュできないよ」
「体の汚れを取らないとだめだよ」

そんな言葉を聞きます。
結論から伝えると、うつ病にかかるとお風呂に入るのが困難です。

今回は、なぜうつ病にかかるとお風呂に入れないのかを、うつ病当事者視点で解説します。

  • プロフィール
笑顔
  • ぶ~りんと申します。
  • 2015年にうつ病と診断された人間です。
  • 移行錯誤しながら、前向きに生きようと模索中。

この記事を読んでいただければ、うつ病は『落ち込む』だけの病気ではないことを分かっていただけます。

こんな方に読んでいただきたい
  • なぜお風呂に入れないのか分からない
  • うつ病の症状について知りたい
  • お風呂好きなのに急に入れなくなった



目次

うつ病は『心のインフルエンザ』

風邪

うつ病は、『心のインフルエンザ』と例えられます。
症状によってさまざまなので、『骨折』『心のガン』などと例えられるケースもあります。

何が言いたいかというと、上記の症状が毎日続くとします。
そのような状態でもお風呂に入れるかということです。

ただ落ち込むだけの病気ではないです。
物を選ぶ状況で、どちらか選ぶ時も、判断ができなくなります。

極端な話、カップラーメンも作れないことがありました。

それくらい思考力も低下して、体力も低下するのです。

お風呂は工程が多い

お風呂2
お風呂の工程
  1. 浴槽を洗う
  2. お湯を入れる
  3. お湯を止める
  4. 着替えを用意する
  5. 脱ぐ
  6. シャワーを浴びる
  7. 体や顔を洗う
  8. 洗い流す
  9. お風呂につかる
  10. お湯を捨てる(洗濯機で再利用する)
  11. 着替える
  12. 髪の毛を乾かす
  13. 化粧水をつける

お風呂の工程を上記に書きました。
ざっと書きましたが、かなりの工程であることがお分かりいただけます。

こころん

書いてみると意外にやること多いですね。

ぶ~りん

うつ病にかかると、体力や思考力・判断力が落ちます。
お風呂に入るだけでも、リフレッシュどころか苦手なことが多いという人もいると思います。

お風呂に入る方がいいのは分かっている

お風呂3

汚い話ですが、お風呂に入らないと、体は汚れますし、頭もかゆくなってきます。

先ほどの話になりますが、インフルエンザで高熱になっている人がお風呂に入れますか?
難しいですよね。

お風呂に入った方がいいのは、口で言われなくても分かっています。

だからこそ、苦しんでもがいているのです。

「汚くなるからお風呂に入って」なんて言わないでほしいです。

せめて「ボディーシートで体ふいてあげようか」など言葉を変換すると、嬉しく感じます。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、なぜうつ病にかかるとお風呂に入れないのかを、うつ病当事者視点で解説しました。

症状により変わってきますが、うつ病の人に無理してお風呂に入ることをすすめるのは、やめてほしいです。
気持ちは分かりますが・・・。

症状が少しずつ良くなれば、お風呂に入れるようになります

今回の記事を読んでいただき、うつ病は『落ち込む』だけの病気ではないと知っていただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキング

ぶ~りん
「うつ病を経験したからこそ発信できることがある」との思いで書いている豚好きブロガー。

うつに役立つ情報をゆる~く発信してます。

アラフォー1児の父親です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる